2年半ぶりだよ ぉぃゃn通信

サーバー周り・開発等、盛岡のIT土方が恥部をさらけ出す備忘録日記

2005年の7月頃からとんと更新がストップしましたが、
技術的な備忘録として今年は活用してみようと思いました。
せっかく昔からのブログだしねー。

サーバーはRedhatLinux、管理GUIとしてClassCatを使用しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

synergyが動かなくなった・・・

synergyが効かなくなる、という現象が起きており、
なんでなんだろうと調べてましたが、

どうやらウィルス対策のアラート等、
フォアグラウンドに強制的に出てくるウィンドウが表示された際、
synergyが効かなくなるのかな?

という推測でした。
ClassCatとLinux | comments(0) | trackbacks(0)

メモ

logwatch入れた。

覚書は後ほど。
ClassCatとLinux | comments(0) | trackbacks(0)

RedhatES5でlogrotateのcronがエラーを吐く件

rootあてのメールを確認していたら、

/etc/cron.daily/logrotate:
error: sa-update:3 unknown option 'notifyempty' -- ignoring line


なんてメッセージが出てました。

調べた結果

http://www.pwblog.com/user/evergreen/orange/2007-11.html

こちらに同様の現象が出ていたので試してみました。
RedhatES4はデフォルトで直っているのに、ES5は記述間違えてるんだよな・・・。

つーか、これClassCat側が設定したんじゃないかしら・・・。

まあ、エラーメッセージが来なくなればそれでOK。
ClassCatとLinux | comments(0) | trackbacks(0)

RedHat5でCronのエラーログが延々と吐かれる件

root宛のメールを受信してみると、Cronがこんなエラーログ出してました。

Traceback (most recent call last):
File "/usr/share/rhn/virtualization/poller.py", line 189, in ?
domain_list = poll_hypervisor()
File "/usr/share/rhn/virtualization/poller.py", line 63, in
poll_hypervisor
conn = libvirt.open(None)
File "/usr/lib/python2.4/site-packages/libvirt.py", line 123, in open
if ret is None:raise libvirtError('virConnectOpen() failed')
libvirt.libvirtError: virConnectOpen() failed


調べてみると、どうやら、rhn-virtualization-host(仮想化機能)のバグとのこと。

●RedHatバグジラ
https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=237310


仮想化機能は使用していないので、
/etc/cron.d/rhn-virtualization.cron
を他に移して一件落着でしたとさ。


2分おきにエラーメールが来るんでうざったくてしょうがありませんでした。
本当にありがとうございました。
ClassCatとLinux | comments(0) | trackbacks(0)

ClassCatはmbstringがデフォルトで設定されていない

phpのプログラムを入れて、サーバーに突っ込んで動作を確認したところ、
エラーメッセージが出るわ出るわ(泣)

phpの設定はそれほど詳しくないのですが、調べてみたらmbstringがインストールされていませーん・・・。

ClassCat自体、phpを使用しているので、影響がないか確認を取った上で、mbstringをインストール&設定をして無事使えるようになりました。
ClassCatとLinux | comments(0) | trackbacks(0)

Redhat(ClassCat)のlogrotate

awstatsを入れた後、解析するログファイルの容量がいちいちでかいなぁ、と感じていまして、

/etc/logrotate.dの中の仮想サイトの設定を見ると、

web.log→1000Mとかなっていて、聞いてないよー!な件。

ですので、

#vi /etc/logrotate.d/sitex(xは仮想サイトに対応した数値)
で、web.logのログファイルの最大値を調整しました。
ClassCatとLinux | comments(0) | trackbacks(0)

ClassCatの管理画面が検索エンジンに拾われる件

これはちょっと調べ物をしていて気づきました。
googleとかに管理画面が拾われまくりんぐ!

業者さんのレンサバは対応しているかもしれないですし、
デフォルトで対応してなくて、どうしようもない(手が出せない)場合もあると思いますが、

きちんと、管理画面のプログラムが置かれているディレクトリにrobot.txtを置いたほうが気分的にはいいようです。
ClassCatとLinux | comments(0) | trackbacks(0)

linuxでroot宛に来たメールを転送する方法

ClassCatはrootのアカウント情報に関しては変更できないようです。
(当たり前だと思うのですが)

しかし、logwatch等の報告メールはデフォルトでroot宛になりやすので、
他のメールアドレスに飛ばしたほうが断然いいと思います。
ボケーっとメールボックスの容量チェックしてたら、rootに鬼のようにメールが溜まってて気づきました。

素のRedhatをいじってない(ClassCatが入った状態から触り始めた)ので、
デフォルトのaliasesがどこに入っているかはよくわからんのですが、
ClassCatサーバーの場合、/etc/mail/aliases に本体がありました。

/etcにもaliasesがありますが、こちらはいじっても何の変化もありません。
15分ほど嵌りました。

#vi /etc/mail/aliases

編集画面が出てきたら、

ファイルの下の方にある

#root:  hoge
コメントをはずし、hogeの部分に適宜転送したいアドレスを追加して保存

#newaliases

で反映させてテスト。

これでOKです。

ClassCatとLinux | comments(0) | trackbacks(0)

ClassCatにawstatsを入れてみよう 初期設定と初回起動でドキドキ

2年数ヶ月ぶりの御無沙汰でした。
今年はポジティブに情報発信していこうかと思いまして、思い出したようにblogに記事を投稿して行こうと思っております。

GUIに依存したダメなサーバー管理者が送る、ClassCatとの格闘編です。
まず手始めに、とあるサイトを開設後、しばらくしてからアクセス解析を入れてみよう、思い立ってしまったため、awstatsをインストールすることにしたのですが、
その際の備忘録をば。

1.AWSTATS日本語版の最新をダウンロードします
http://www.bflets.dyndns.org/Tools/AWStatsJpn.html

utf8へのデコード処理が重宝します。

2.サーバーに適宜アップロードします
私はとあるバーチャルホストのcgi-bin/awstats ディレクトリを作成しそこにアップロード

3.awstats.confを修正し、アップロードします。
 
 ※httpdが吐く生のログをawstatsに食わせても、なぜか該当するドメインのみの集計を行ってくれませんでした。
  調査が面倒くさいので、各仮想サイトのログをawstatsに食わせることにしました
  (ClassCatの場合は/home/sites/各仮想サイト/logs/にあるログファイルを読み込むことにしました)
 
  →LogFile="/home/hogehogehoge/logs/web.hoge"と変更 
 ※このログファイルのフォーマットは以下のフォーマットになります。
  →LogFormat = "%host %other %logname %time1 %methodurl %code %bytesd %refererquot %uaquot" と変更
 
 ※SiteDomain="www.hoge.hoge" と解析したいドメインに変更 
 ※CGIフォルダ、Iconフォルダを適宜変更
  DirCgi="/cgi-bin/awstats" と変更  DirIcons="/cgi-bin/awstats/icon" と変更
 ※AllowToUpdateStatsFromBrowserは変えません
  ブラウザからアクセスした時点で、awstatsのプログラムを自動的に走らせるオプションですが、これはOFFにしています。
  ログファイルの文字コードの関係上、検索用語等が思いっきり文字化けしちゃうので、そのままログファイルを食わせないようにしました。
  この辺の詳細は後ほど。

  ※解析対象外にするIPアドレスに、ローカルアドレスと、自分のゲートウェイのIPを追加しました。
   SkipHosts="127.0.0.1 999.999.999.999"  
  ※言語も念のため変更
   一応、Lang="auto"でもいいらしいのですが、
   Lang="jp"
   としときました。

ここまで変更したら、サーバーにコンフィグをアップロード。

4.コマンドを叩きます。

awstatsをインストールしたディレクトリに移動して・・・

awstats.pl -config=awstats.conf -update

と叩くと、ちょっと時間がかかるかもしれませんが、awstatsが走り、アクセス解析が行われます。

その後、ブラウザからawstats.plを叩くと、アクセス解析結果が表示されます。

このアクセス解析結果ですが、完全ではありません。

検索文字列がほぼ間違いなく文字化けしていると思います。

その文字化けにどう対応するかはまた別の記事で・・・。
ClassCatとLinux | comments(1) | trackbacks(0)