2年半ぶりだよ ぉぃゃn通信

サーバー周り・開発等、盛岡のIT土方が恥部をさらけ出す備忘録日記

2005年の7月頃からとんと更新がストップしましたが、
技術的な備忘録として今年は活用してみようと思いました。
せっかく昔からのブログだしねー。

サーバーはRedhatLinux、管理GUIとしてClassCatを使用しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

グルージャ戦は雨なので観戦中止&海外サッカー雑感

だって、雨降ってるんだもん・・・・。
んー、ちょっとだけ見に行ってくるかな・・・。
いや、風邪引けないんでやーめた。

【昨日のプレミアリーグ】
4試合(実質5試合)ザッピングしながら見てたので肝心の得点シーン見てなかったりします(汗

●チェルシーvsアストン・ビラ
 チェルシーが強い理由って、
 攻守の約束事が忠実に守られている
 ・ボールを失ったら早いプレスと、パスコースを
  消すカバーリング
 ・1対1の勝負は基本的にサイドのロッベンとダフのみで
  上記以外はスペースを見つけつつ基本ワンタッチ
  以内でパス
 ・マケレレが中盤ではフィルター役になるため、
  エッシェンとランパードは
  1TOP(今回はクレスポ)のポストプレーを有効に
  使うようなポジショニング
 全てが合理的。
 で、個人個人の力量もあるのでいざとなったら
 サイド以外も勝負を打つ。
 ただし、勝負を打つプレイヤー以外は上記の約束事を
 守りつつフォロー

 強いわけですよ。
 不用意なカウンター喰らわないし。
 失点シーンを見ていないので(マンUvsブラックバーン見てた)
 どんな失点パターンだったのかわからんのですが、
 ・セットプレーからのカウンターでマケレレのカバーが
  間に合わないようなカウンター
 ・ロングボールをとにかく前線に集め、こぼれだまを気合で拾う

 これぐらいしか得点できるパターン見出せないわけですよ。
 本気強い・・・。
 憎たらしいほど強い・・・。
 
 前期対戦しなかった、イタリア勢との戦いを見たい。
 もしかしたらお互いにカウンター狙いでつまんない試合に
 なるかもしれないのですが
 ミランやユーベの攻撃的な布陣も自在に組めるところとやると、
 案外、チェルシー攻めの姿勢を見せて面白いかもしれません。
 

●マンUvsブラックバーン
 とにかくマンUは攻撃時のカウンター対策がなってない。
 2点目はもろカウンター・・・。
 ガリー・ネビルとエインセが戦線離脱していて
 両サイドバックがベストメンバー組めないのってとても痛い!
 オールド・トラッフォード(マンUのホームスタジアム)で
 無残な敗戦を喫してしまいました。
 これ苦しいよ、これから。
 間違いない。

●ウィガンvsアーセナル
 ほとんど見てません。
 が、なんかリュングベリが2TOPの一角に入ったり
 かなり苦しい試合になってた模様。


●ハンブルガーvsバイエルンミュンヘン
 ハンブルガーが大番狂わせ!
 長らくスランプに陥っていたファン・デル・ファールトが大爆発。
 もうキレキレで惚れ直した。
 バイエルンはバラックが大誤算。
 ルッシヲは決定的なチャンスを思いっきりフカしてミスするし、
 バイエルン自滅という説も。

いやぁ、オンタイムで4試合見るのって容易でない!!
※当たり前だ
実は上記4試合以外にも、セルティック戦も見てたり。延べ3分ぐらい。
欧州サッカー | comments(0) | trackbacks(3)

止まらないAZ、ファン・ハールの逆襲

●開幕5連勝のAZ

●そして2人で5試合で15点

AZが止まりません。
前任のアドリアーンセが構築した攻撃的な「オランダ一美しいフットボール」
※個人的には前季、世界で一番美しいフットボールしていたと思う
をルイス・ファン・ハール監督が引継ぎ、クロンカンプ等主力が抜けた穴をまったく感じさせず、
かつ、前季より破壊力のあるチームに仕上げてきております。

前季、前線の4人(ないしは5人)がめまぐるしいポジションチェンジを繰り返し、
的を絞らせず、次々と決定的なチャンスを生み出していった攻撃陣。
今年も相変わらずの激しいポジションチェンジで、
いや、去年以上のトータルフットボールぶりを発揮して
手がつけられない強さを発揮しています。

今年のエールディビジは
フェイエノールトといい、AZといい、
攻撃的なチームが爆発的な強さを見せて連勝しています。
エールディビジが面白い!
本当に面白い!
欧州サッカー | comments(0) | trackbacks(0)

久々にサッカー見てるぜ!

これで自由にサッカー見れるぎゃぼー!!

ということで帰ってきて早速、
CL1節 ラピド・ウィーンvsバイエルンミュンヘン
からサッカー三昧スタート♪

入院前のブンデスリーガの試合含め何試合か
バイエルンの試合を見ていたのですが、
今年のバイエルン強いですね。
なんかもう、一時期の熟成されたミランを見るような戦術の浸透っぷり。

バラック、ゼ・ロベルト、シュバインシュタイガー、ダイスラー、サリハミジッチと舌噛みそうな面々で構成される分厚い中盤と
ファンニステルローイに隠れて代表ではなかなかスポットライトが当たらないけれど、決定力は世界有数の点取り屋、マカーイ。

はっきり言ってブンデスリーガ自体、多少地味なイメージはありますが、今年はイケル!
なんて思ってたりします。

で、バイエルンが1-0で勝つわけですが試合後の解説陣

実況の倉敷さん:「金子さん、今日の試合見て、ラピドウィーン、どうですかね?戦えますかね?」
解説の金子さん:「無理ですね(笑」
倉敷さん:「僕も無理だと思います(笑」

ちょwwwおまwww
思わず、腹筋切ってるのに笑ってしまった。

さて、これからバルサvsブレーメンですよー!
世間からは何日か遅れてますが、超楽しみ!!!
欧州サッカー | comments(2) | trackbacks(1)

コンフェデ終了後 移籍情報 欧州サッカーダ(以下略

どんどん、移籍情報が伝わってきますね。
そろそろ来る新シーズンの陣容をあれこれ想像して楽しむ時期が来たようです。

●ルカ・トニをねらうヴィオラ
 がっつり補強した割には、マレスカ、オボド、ミッコリ等軒並み放出と相成ってしまったヴィオラ。
 ボジノフ、トニ、ヨルゲンセンという渋い3TOPが実現するのか微妙に期待。

●サムエル、インテル移籍へ?
 いずれにせよ、中盤のフィルタがしっかりしてこその1対1の強さが発揮されると思うのですよ。
 マドリーでは真価を発揮できませんでした。
 「ザ・ウォール」の復権を待ちましょう。
 このまま終わる選手じゃぁないはずです。

●マドリー、補強第一弾
 そうなのよ、
 こういう補強すればマドリーの攻撃陣は相変わらず世界屈指なので
 簡単に復権できるわけですよ。
 ということで、中盤のフィルタ機能強化に打って出たマドリーに期待age。

****

中田はどこへ・・・。
PSVやシュツットガルトの話が出ていますが、
個人的にはプレミアリーグへの移籍が一番いいのでは・・・。
ボランチにせよ2列目にせよ、展開が速いサッカーのほうが
中田のパスこそ生きるはず・・・。
欧州サッカー | comments(0) | trackbacks(0)

FootballBaton

どーもどーもお久しぶりです。

ということでですね、ZAPさんから指名されましたので、やってみようと思います。

※MusicBatonはmixi内でもうやってしまいましたので、ここではやりません。

●1、Number of your soccer video (DVD)
 10本以上。
 UEFAチャンピオンズリーグ総集編たくさん。
 リーガ総集編たくさん。
 プレミア総集編たくさん。
 あと、DVDじゃないけどバッジョのビデオたくさん。
 お勧めは98−99UEFAチャンピオンズリーグ総集編。
 スールシャーーーーーール!

●2、People who patronizes it now
 今一押しの選手(人物でもクラブでも何でも可)

 ホアキン・サンチェス(ESP:ベティス)
 Cロナウド(POR:マンチェスターU)
 
 切り裂くドリブルが濡れる。Cロナウドは持ちすぎる傾向があったのですが、成長しましたねぇ。

3、The GOAL I remained
 
 ・01-02CL決勝(マドリーvsレヴァークーゼン)
  ジダンのボレー
 ・04-05CL予選6節(リヴァプールvsオリンピアコス)
  ジェラードのミドルシュート
 ・EURO2000決勝(フランスvsイタリア)
  トレゼゲの決勝ゴール
 ・04-05CL決勝T1st(チェルシーvsバルサ)
  ロナウジーニョの2点目
 ・ミハイロビッチのフリーキック

4、Five players favorite of me, or that mean a lot to me
  好きな、または特別な思い入れのある選手5人
 
 ・ロナウジーニョ
  ・・・見てて楽しい。ワクワクさせてくれます。こういうのはバッジョ以来。
 
 ・ホアキン
  ・・・暫く低迷してたきらいがありますが、ようやっとブレイクしたっすね。
 
 ・バルデラマ
  ・・・あの頃のコロンビア代表は最高だった・・・。アスプリージャとか・・・。
 
 ・リュングベリ
  ・・・アーセルナル戦見ると常に輝いて見える。攻守のバランス含め申し分ない。大好き。

 ・ガットゥーゾ
  ・・・戦う労働者。ピルロとともにミランに無くてはならない存在。
     たまにドリブルしてるところ見せるとどよめく(笑


5、One-Five people to whom I'm passing the baton
バトンを廻す1〜5名

 特になし!
 
欧州サッカー | comments(0) | trackbacks(2)

ラウール、プレミアへ?

●ラウル、レアルを出てリバプール移籍も!?
 
 ロナウドやオーウェンの動向次第だと思いますが、ラウルが出て行くとなると、カンテラ出身の生え抜きがほとんど居なくなりますねぇ。
 個人的にはラウルはレアル・マドリーの象徴。
 ここ2年は低調なパフォーマンスに終始してますがきっと復活してくれると信じています。
 出て行くなー!

 ★来期理想のマドリーの布陣
      オーウェン
    
 ジダン  ラウール ベッカム(ホアキン)

   エメルソン  ヴィエラ

R・カルロス        サルガド
    エルゲラ   X

      カシージャス

DFどうすんだろうねぇ。サムエルはイタリア戻りたがってるし。
欧州サッカー | comments(0) | trackbacks(0)

ラウルがプレミアリーグへ!?

●ラウル、レアルを出てリバプール移籍も!?
 
 ロナウドやオーウェンの動向次第だと思いますが、ラウルが出て行くとなると、カンテラ出身の生え抜きがほとんど居なくなりますねぇ。
 個人的にはラウルはレアル・マドリーの象徴。
 ここ2年は低調なパフォーマンスに終始してますがきっと復活してくれると信じています。
 出て行くなー!

 ★来期理想のマドリーの布陣
      オーウェン
    
 ジダン  ラウール ベッカム(ホアキン)

   エメルソン  ヴィエラ

R・カルロス        サルガド
    エルゲラ   X

      カシージャス

DFどうすんだろうねぇ。サムエルはイタリア戻りたがってるし。
欧州サッカー | comments(0) | trackbacks(0)

熱いストーブリーグ 欧州サッカーダ(以下略

ささ、移籍情報、熱くなってきましたね。

●レアルマドリー、グティの移籍金額を設定
 個人的に有力だと思われるのは、サムエルとセットでユベントスへ。
 ユベントスはエメルソン+αを放出。
 じゃなければ、アーセナルいくっぺよー。
 スペインではかなりのユーティリティプレイヤーとして重宝されてますからねー。
 エドゥも居なくなっちゃうし。ヴィエラも移籍濃厚だし。
 ヴィエラのかわりになるのかっつったらタイプが違うのでならないと思うけど。

●カッサーノのユーヴェ移籍暗転?
 
  インテルは、1500万ユーロの支払いに加えて選手2人の譲渡という条件を飲む可能性がある。リストアップされているのはエムレ、ガマラ、カラグニスだが、最終的にはローマはさらなる大物選手を手にすることができるかもしれない。1500万ユーロに加えてアルバロ・レコバがローマに行くのであれば、交渉がまとまる可能性があると見られている。

 まじか!
 レコバ!
 俺、インテルの試合はそんなに見てなかったけど、今年はほとんど見かけてませんでした。
 うおー、トッティ&カッサーノ&レコバの3TOP見たいぞ。
 マジ見たい。

●ヴィオラ、トルドがターゲット
 カンバーーーーーーーーック!トルドー!
欧州サッカー | comments(0) | trackbacks(0)

お久し欧州サッカーダ(以下略

仕事忙しくて全然かけてませんでした。

すいませんウソです。

mixiばっかりやってて全然blogの更新してませんでした。うごぅ。

●クレスポ、ミランとの新契約の準備が整う
 シェバの穴埋め程度の期待しかなかったクレスポですが
 全盛期とはいかないまでも、勝負強さを見せて
 シェバの穴を充分すぎるほど埋めてくれました。
 アンチェロッティのお気に入りというせいもあるでしょうが、
 ミランとの新契約が進行しているとの報道。
 これで、インザーギが浮くなぁ・・・。

●ディ・ミケーレ、移籍を示唆
 いかないでー!!!
欧州サッカー | comments(0) | trackbacks(1)

ヨーロッパサッカーもそこそこ大詰め

●セリエA
 ユベントスとミランの完全なる一騎打ち
 得点力、守備力ともデータを見る限りでもまったくの互角
 最後は経験か若さか底力か
 個人的には組織が熟成されまくっているミランがわずかに優位か
 ユーベはデル・ピエロの終盤戦のコンディションにすべてがかかりそう
 
 CL圏内としてはインテルはなんだかんだ言って圏外へ落ちていくことはなさそう
 そうすっと、サンプドリア、ウディネーゼ、パレルモ、ローマあたりで
 残りの1枠を争うことになりそうです。
 もうひと踏ん張りですぜ、ウディネーゼ。
 CL出場したら現地行って応援する。

●リーガ
 ここへきて追走するR・マドリー失速。
 バルサの優勝は固いと見た。
 今期のCLはチェルシーに負けてしまったが
 来期の目標がおのずと決まったようなもの。
 モチベーションが下がることはないでしょう。
 怪我人も多くライカールト監督は胃が痛い日々が続いたでしょうが
 来期はコンディションを整えて
 悲願達成に向けて、強くて楽しいサッカーを続けてもらいたいものです。
 R・マドリーは落ちるところまで落ちれ。
 また作り直したらいいべ。
 マケレレやカンビアッソをなぜ放出したのかいまだに理解できない。
 
 CL圏内は上位2チームとビシャレアル、エスパニョール、ベティス、バレンシアあたりから残り2チーム。
 ベティスのワイドなサッカーをCLでも見たいぞ!

●プレミアリーグ
 チェルシー強すぎ。
 ロッベンも戻ってきたし死角なしと見ます。
 マンUもかなりのハイペースで勝点ゲットしてるんですけどねぇ・・・
 アーセナルは円熟期過ぎてもはや下降線気味。
 刷新しないと取り残されそうな気配。
 ベルカンプの後釜がいまだに見つかりません。
 レジェスはスペイン戻りたがってるし
 セスクはまだ経験不足だし
 ベルカンプにはあと2年ぐらいがんばってもらうより他ないのか・・・
 ヴィエラは来期こそどっかいっちゃうぞー。


各リーグとも残り10試合程度ですね。
終盤まで優勝争いがもつれそうなのはセリエAぐらいですね。
あとはチャンピオンズリーグ見て楽しむかぁ。
欧州サッカー | comments(0) | trackbacks(0)