2年半ぶりだよ ぉぃゃn通信

サーバー周り・開発等、盛岡のIT土方が恥部をさらけ出す備忘録日記

2005年の7月頃からとんと更新がストップしましたが、
技術的な備忘録として今年は活用してみようと思いました。
せっかく昔からのブログだしねー。

サーバーはRedhatLinux、管理GUIとしてClassCatを使用しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< その5 宇宙 Part2 | その6 きみさん >>

たくちゃん その2

たくちゃんを初めて知ることになったのは
かて掲にLINKされていたと思いますが、たくちゃんの掲示板。

無機質な掲示板に赴くと
八王子、吉祥寺の面々が延々と書き込む「たくちゃん」という5文字。
そんな書き込みに対し「やめてくれよー」としかいわないたくちゃん。
この人は何なんだ、と。

風の噂で、サンダルでDDRのスコアアタックをしていたというたくちゃん。
しかし本当はBM界で名を馳せたスコアラーとのこと。
PSSP2000では多分会っているんだろうけど会話も無く。
初めてコンタクトを取ったのは上板フェスタでした。

フェスタ終了後、ウラタが飯に誘ってくれました。
面子はふる、かて、ウラタ、たくちゃん、ACC、俺
ははー、この人がたくちゃんかー、若いなーなんて思ったり。
そのときは普通に飯を食うだけだったので
後に判明する「養われっぷり」や「虚弱っぷり」を垣間見ることは出来ませんでした。

たくちゃんの「虚弱っぷり」を見ることが出来たのは
その数週間後に行われた群馬フェスタでした。

当日の朝、7時過ぎだったと思いますが
俺、かて、ウラタ、中野、伽羅で僕の車に乗り群馬を目指します。
なんかの弾みで「たくちゃんを呼ぼう」ということになり
たくちゃんに電話をします。

たくちゃん:「朝早くからなんだよー」
ウラタ:「あー、たくちゃん、これから群馬に来て、群馬」
たくちゃん:「そんなのいけるわけねーべよー」
ウラタ:「こなかったらリンチね、リンチ」
たくちゃん:「うぐぅ」

こんな感じの会話だったと思いますが
まあ、本気で来る訳なかろうと思ってました。

そしたら前橋チルコポルトに午後、
なぜかたくちゃんの姿が・・・。
「新幹線で来たぜ」
当時より、その貧乏ッぷりに拍車がかかっていたわけですが
新幹線できるという暴挙。

そんなたくましい行動力のたくちゃんに
ウラタは冷たい一言
「帰りどうするの?」
僕の車は既に5人乗ってます。

帰りの手段がないと
無い頭で考えるたくちゃん
事態を理解したようです。

本気でブチ切れるたくちゃん。
帰りの車中、
ウラタの姿もありませんでした・・・。

東京人物伝 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: