2年半ぶりだよ ぉぃゃn通信

サーバー周り・開発等、盛岡のIT土方が恥部をさらけ出す備忘録日記

2005年の7月頃からとんと更新がストップしましたが、
技術的な備忘録として今年は活用してみようと思いました。
せっかく昔からのブログだしねー。

サーバーはRedhatLinux、管理GUIとしてClassCatを使用しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 宇宙外伝 | 御茶ノ水WCCFツアー >>

新宿チルコポルトの話をしようか

大館時代、すき放題に暴れていました。今思うと甘酸っぱいです。
盛岡時代、デッドボールとマッハランドのおかげで深夜DDR三昧でした。
周りの目はあまり気になりませんでした。

上京して困りました。
当初は亀戸ギガと新宿チルコによく通っていましたが、
亀戸ギガは一般人の客層が限りなくヤンキーに近く断念。
近所でDDRが出来るゲーセンが無いのです。
なのでどうしてもDDRをやりたくなったら新宿チルコへ着替えを持っていくというパターンになりました。

ファッ鼎碧佑任垢、
一応、自分の汗の量、匂い、角度、致死量を把握していたつもりなので、
新宿などという人が多すぎる土地でDDRを行うと
その後の自分の処理に非常に困るのでありました。
ポル・ポト派もびっくり。

そんなポル・ポト派も気絶するような汗の臭いを圧縮・保存していたのが
チルコポルト3F、DDRコーナーでした。
DDRが4台。
どう見ても無理をしている通風孔
よどんでいる空気
「これが、扉の外・・・」(byハガレン)
そんな感じで。

ということでチルコポルトには行くものの
DDRは見てるだけ、
またはウラタとちょっと遊ぶ程度
ということでどんどんDDRをする回数が減っていきました。
東京に来た時点でDDRに対する熱量、選択肢の数が
どんどん減ってた時期でした。

で、チルコに行くと
ウラタやけこけこ、中野以外にも見る回数の多い人々が増えてきます。
新宿チルコを根城として活動している、
ClubAZOの代表、AZO-HELL君でした・・・。

「大佐、あれはホムンクルスだ・・・」(byハガレン)
【次号へ続く】
東京人物伝 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: