2年半ぶりだよ ぉぃゃn通信

サーバー周り・開発等、盛岡のIT土方が恥部をさらけ出す備忘録日記

2005年の7月頃からとんと更新がストップしましたが、
技術的な備忘録として今年は活用してみようと思いました。
せっかく昔からのブログだしねー。

サーバーはRedhatLinux、管理GUIとしてClassCatを使用しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< DA PUMP はどうでもいいとして | 宇宙と僕のチキンレース >>

路地裏亭の愉快な人たち

私が路地裏亭の住人なのかどうかはさておき、
連日連夜いろんな人が集まってドンチャン騒ぎ出来る環境というのは非常にうらやましくもアリ。
末期の森下も雰囲気的には近いものがありましたが、
鍵を他人に渡しているわけでもなく、遊べたのが週末に限られていたのを考えると、路地裏亭ほどオープンではなかった環境かもしれません。

つーか、ぶっちゃけ路地裏亭に遊びに行ったのはたった1回だったわけですが・・・
東向島から原付で1時間ちょっと。
渋谷までは楽しい原付ドライブだったのですが、そっから長かった・・・。
そんな記憶がある路地裏亭。

たしか、みっくやある、Lちゅうと麻雀打った記憶があります。

あるは僕が東京来てからもあまり話す機会も無く、
盛岡時代に見たRCA3rdでの「ジャミラ」パフォしか印象に無かったのですが
実際に話をしてみると、アホなにーちゃんだなぁと好印象でした。

また、みっくも本厚木ギガや蒲田のスーパーマンの大会等で面識はあったものの、
このとき初めて話をしたと思います。
とにかくテンションが高いおねーちゃんだったという印象があります。

それだけでは、ぶっちゃけ終わってしまいそうですが、
みっくに関しては大阪へ行くときの途中下車の旅で助けていただいたことから、
森下面子に愛されてゆくのでした。

次号へ続く。
東京人物伝 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: