2年半ぶりだよ ぉぃゃn通信

サーバー周り・開発等、盛岡のIT土方が恥部をさらけ出す備忘録日記

2005年の7月頃からとんと更新がストップしましたが、
技術的な備忘録として今年は活用してみようと思いました。
せっかく昔からのブログだしねー。

サーバーはRedhatLinux、管理GUIとしてClassCatを使用しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< そして | あれ? >>

オープンリーチについて検証してみよう 〜ケーススタディ その1 宇宙〜

数々のオープンリーチが炸裂した森下麻雀
独特の雰囲気
独特の打ち手
オープンリーチに関する様々な要因が捻り出されていますが、
今回より実例を通してオープンリーチを検証していこうと思います。

ケース1 宇宙 〜民明書房「ビッグバン!宇宙誕生オデッセイ」より引用〜

それはもう昔のこと。
宇宙が宇宙ではなかった頃のお話です。
まだ幼い後の宇宙は、当時三倍満と呼ばれておりました。
理由は良く知りませんし、知る必要もないでしょう。
だって彼はこれからその名に別れを告げるのですから。

場所は相模大野。
かつてカオリ、と呼ばれた女帝が住む一角でした。
宇宙創生に伴い、そこに呼ばれたのはウラタ、座間君、私、
そして当時三倍満と呼ばれた触媒でした。

場は淡々と流れます。
時は既に朝を迎えんとするところであり、
私は出発の準備をしながらラス半となるであろう卓を見つめていたのです。
卓には女帝座間君ウラタ三倍満。

麻雀の恐ろしさを知らない女帝と座間君は
その無邪気な闘牌でウラタを追い詰めていきます。
ついにオーラスとなったその時、ウラタに残されたのはわずかな点棒でした。

これまで散々麻雀に疎い彼らを蹂躙してきたウラタです。
こんな時ぐらい華を持たせてあげるべきでしょう。



「リーチ」

オーラスの牌勢が悪いと見るや、彼の取った手段はこれでした。
手牌をパタリと倒し、振り絞るように言ったのです。

「オープン・・・」

オープンリーチ。
過去の文献を紐解いても、あまり見られる単語ではありません。
当時はたった一翻アップのために待ちを晒すなんて考えられず
多面張をフリテンしたボンクラが泣きながらたまーにやる手法として
知られていました。

そんなウラタの手はリーチのみ。待ちはソーズの三四四五五から三六。
一発ツモか裏まで乗せてようやく満貫という何ともショッパイ手でした。

一見ソーズの多面張に見えた女帝と座間君から緊張の空気が流れます。
そんな中、触媒はただ一人怯えることなく彼らにアドバイスをするのです。


「この待ちはな・・・ここだ!!」


何ということでしょう。

触媒はウラタの倒した手牌から、更に四五をグイッと前に出したのです。
女帝と座間君からは安堵の、ウラタからは覚悟の溜息が漏れました。

そして数順、静かな時が流れました。
各々ウラタの当たり牌を掴むも華麗に回し、ウラタからは焦りの表情が
見られます。
触媒は既にウラタを眼中に入れず、自分の手牌との対話に夢中です。


そして


ついにその時が訪れたのです。
私の脳裏に焼きついているその瞬間を出来るだけ克明に表現するとするならば

「まぁ、最悪ノーテン罰符もらえるだけでもうれしロン32,000点です
時が、止まりました。
誰もが宇宙誕生の瞬間に身動き一つ出来ませんでした。
宇宙は大きく大きく膨張し続け・・・・・


崩れ落ちました。


時は、動き出したのです。

神々しい光を放つ新生宇宙に、私は語りかけました。

「・・・・何してんの?」

眩い光を放ちながら、彼は重々しく言ったのです。

「これ切れば高め三色だったの・・・」

何語でしょう?

少なくとも私には理解不能な言語でした。
周囲の人間も反応できず佇んでいます。

大いなる儀式を成功させたウラタは興奮が収まらない様子で
部屋中を移動し続けています。
座ったと思えば立ち上がり、また部屋を数周。
私にはそんな彼の興奮が痛いほど伝わってきました。


俺はお前らと麻雀をしているんじゃない。

俺はこの四角い石を通じて宇宙と対話しているんだ。

だから、どうか、悲しまないで、ララァ・・・・


振った本人は大体そんな感じのことを言ってました。
ニュータイプってのは大抵そういうキ○ガイ紙一重の方が多いようです。


数十分後
新宿へと向かう電車の中には出勤時間を大幅に遅れた私と
未だ興奮冷めやらぬウラタが座っていました。
彼は私にもはや言語の域を超えた興奮を叩きつけ、
あれはあり得ねぇ新伝説だまた同人作んなきゃあぁ大変だみたいなことを
延々とリピートしていました。

そして同時刻の相模大野
崩れ落ちた新生宇宙から、振り絞るような一言が漏れました。

「俺、何してんだろう・・・」


知るか





さて、この章では興味深い台詞が登場しています。
「これ切れば高め三色だったの・・・」

この台詞で感じととれることは2点
・手作りの重要性
・場の状況よりも手役

解析用コンピューターにかけても上記以外の結論は出ず、
メモリリークした上にDVD-RAMを噴射して使い物にならなくなってしまいました。

つまり何が言いたいのかというと
常人にはこの思考に行きつくのは無理と言うことです。
だって、三色だったし。
無理。
ごめん。
そのレベル・高みにはきっと20年ぐらい山籠もりしないと到達できそうにありません。

森下麻雀には魔物が潜む。
いや、麻雀じゃない。
宇宙には狂気が潜む。
東京人物伝 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: