2年半ぶりだよ ぉぃゃn通信

サーバー周り・開発等、盛岡のIT土方が恥部をさらけ出す備忘録日記

2005年の7月頃からとんと更新がストップしましたが、
技術的な備忘録として今年は活用してみようと思いました。
せっかく昔からのブログだしねー。

サーバーはRedhatLinux、管理GUIとしてClassCatを使用しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< グルージャ戦は雨なので観戦中止&海外サッカー雑感 | linuxでroot宛に来たメールを転送する方法 >>

ClassCatにawstatsを入れてみよう 初期設定と初回起動でドキドキ

2年数ヶ月ぶりの御無沙汰でした。
今年はポジティブに情報発信していこうかと思いまして、思い出したようにblogに記事を投稿して行こうと思っております。

GUIに依存したダメなサーバー管理者が送る、ClassCatとの格闘編です。
まず手始めに、とあるサイトを開設後、しばらくしてからアクセス解析を入れてみよう、思い立ってしまったため、awstatsをインストールすることにしたのですが、
その際の備忘録をば。

1.AWSTATS日本語版の最新をダウンロードします
http://www.bflets.dyndns.org/Tools/AWStatsJpn.html

utf8へのデコード処理が重宝します。

2.サーバーに適宜アップロードします
私はとあるバーチャルホストのcgi-bin/awstats ディレクトリを作成しそこにアップロード

3.awstats.confを修正し、アップロードします。
 
 ※httpdが吐く生のログをawstatsに食わせても、なぜか該当するドメインのみの集計を行ってくれませんでした。
  調査が面倒くさいので、各仮想サイトのログをawstatsに食わせることにしました
  (ClassCatの場合は/home/sites/各仮想サイト/logs/にあるログファイルを読み込むことにしました)
 
  →LogFile="/home/hogehogehoge/logs/web.hoge"と変更 
 ※このログファイルのフォーマットは以下のフォーマットになります。
  →LogFormat = "%host %other %logname %time1 %methodurl %code %bytesd %refererquot %uaquot" と変更
 
 ※SiteDomain="www.hoge.hoge" と解析したいドメインに変更 
 ※CGIフォルダ、Iconフォルダを適宜変更
  DirCgi="/cgi-bin/awstats" と変更  DirIcons="/cgi-bin/awstats/icon" と変更
 ※AllowToUpdateStatsFromBrowserは変えません
  ブラウザからアクセスした時点で、awstatsのプログラムを自動的に走らせるオプションですが、これはOFFにしています。
  ログファイルの文字コードの関係上、検索用語等が思いっきり文字化けしちゃうので、そのままログファイルを食わせないようにしました。
  この辺の詳細は後ほど。

  ※解析対象外にするIPアドレスに、ローカルアドレスと、自分のゲートウェイのIPを追加しました。
   SkipHosts="127.0.0.1 999.999.999.999"  
  ※言語も念のため変更
   一応、Lang="auto"でもいいらしいのですが、
   Lang="jp"
   としときました。

ここまで変更したら、サーバーにコンフィグをアップロード。

4.コマンドを叩きます。

awstatsをインストールしたディレクトリに移動して・・・

awstats.pl -config=awstats.conf -update

と叩くと、ちょっと時間がかかるかもしれませんが、awstatsが走り、アクセス解析が行われます。

その後、ブラウザからawstats.plを叩くと、アクセス解析結果が表示されます。

このアクセス解析結果ですが、完全ではありません。

検索文字列がほぼ間違いなく文字化けしていると思います。

その文字化けにどう対応するかはまた別の記事で・・・。
ClassCatとLinux | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

Posted by ぉぃゃn  at 2008/01/25 12:02 PM
読みにくいんであとで整形しましょう。

メシ行こ、メシ。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: