2年半ぶりだよ ぉぃゃn通信

サーバー周り・開発等、盛岡のIT土方が恥部をさらけ出す備忘録日記

2005年の7月頃からとんと更新がストップしましたが、
技術的な備忘録として今年は活用してみようと思いました。
せっかく昔からのブログだしねー。

サーバーはRedhatLinux、管理GUIとしてClassCatを使用しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ClassCatにawstatsを入れてみよう 初期設定と初回起動でドキドキ | ClassCatの管理画面が検索エンジンに拾われる件 >>

linuxでroot宛に来たメールを転送する方法

ClassCatはrootのアカウント情報に関しては変更できないようです。
(当たり前だと思うのですが)

しかし、logwatch等の報告メールはデフォルトでroot宛になりやすので、
他のメールアドレスに飛ばしたほうが断然いいと思います。
ボケーっとメールボックスの容量チェックしてたら、rootに鬼のようにメールが溜まってて気づきました。

素のRedhatをいじってない(ClassCatが入った状態から触り始めた)ので、
デフォルトのaliasesがどこに入っているかはよくわからんのですが、
ClassCatサーバーの場合、/etc/mail/aliases に本体がありました。

/etcにもaliasesがありますが、こちらはいじっても何の変化もありません。
15分ほど嵌りました。

#vi /etc/mail/aliases

編集画面が出てきたら、

ファイルの下の方にある

#root:  hoge
コメントをはずし、hogeの部分に適宜転送したいアドレスを追加して保存

#newaliases

で反映させてテスト。

これでOKです。

ClassCatとLinux | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: