2年半ぶりだよ ぉぃゃn通信

サーバー周り・開発等、盛岡のIT土方が恥部をさらけ出す備忘録日記

2005年の7月頃からとんと更新がストップしましたが、
技術的な備忘録として今年は活用してみようと思いました。
せっかく昔からのブログだしねー。

サーバーはRedhatLinux、管理GUIとしてClassCatを使用しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ClassCatはmbstringがデフォルトで設定されていない | RedhatES5でlogrotateのcronがエラーを吐く件 >>

RedHat5でCronのエラーログが延々と吐かれる件

root宛のメールを受信してみると、Cronがこんなエラーログ出してました。

Traceback (most recent call last):
File "/usr/share/rhn/virtualization/poller.py", line 189, in ?
domain_list = poll_hypervisor()
File "/usr/share/rhn/virtualization/poller.py", line 63, in
poll_hypervisor
conn = libvirt.open(None)
File "/usr/lib/python2.4/site-packages/libvirt.py", line 123, in open
if ret is None:raise libvirtError('virConnectOpen() failed')
libvirt.libvirtError: virConnectOpen() failed


調べてみると、どうやら、rhn-virtualization-host(仮想化機能)のバグとのこと。

●RedHatバグジラ
https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=237310


仮想化機能は使用していないので、
/etc/cron.d/rhn-virtualization.cron
を他に移して一件落着でしたとさ。


2分おきにエラーメールが来るんでうざったくてしょうがありませんでした。
本当にありがとうございました。
ClassCatとLinux | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: