2年半ぶりだよ ぉぃゃn通信

サーバー周り・開発等、盛岡のIT土方が恥部をさらけ出す備忘録日記

2005年の7月頃からとんと更新がストップしましたが、
技術的な備忘録として今年は活用してみようと思いました。
せっかく昔からのブログだしねー。

サーバーはRedhatLinux、管理GUIとしてClassCatを使用しています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

その4 宇宙

僕は名前だけ知っていました。
DDR初期のスコアラーで
・Ysk−与作
・塾長
・RYO.
・B@ODC
・ビートニック
ここらへんがビッグネームですかね。
チルコの筐体に点在する「RYO.」の文字。
いったい誰なんだ・・・。

出会いは僕が東京に来てからでした。
浦田を介して東向島にやってくるRYOさん。
そのころはすでに「サンヴァイマn」という呼び方をされていました。
一緒に麻雀を打ちました。

遅い。
遅いよRYO.さん。
そしてリーチをかけると的確に打たれる当り牌。
彼のスタンドの片鱗を見せ付けられました。
そんなRYO.さんにもはやRCA1stのメンバーだという威厳はどこにも無かったのでした・・・。

<次号へ続く>
東京人物伝 | comments(0) | trackbacks(0)

その3 たくちゃん

たくちゃん
東京人物伝 | comments(0) | trackbacks(0)

その2 かて

東京に来る前、今は亡きかて掲でかてとは知り合うことになりました。
きっかけは「秋田のDDR名人」晒し上げがきっかけです。
おそらく物の見方等がシンクロしたんでしょう。

面と向かって話をしたことがないのに
ぉぃけnやぱぺまと共に東北の勇として認識されるにいたっていました。

そして上京。
当時、かての住まいは亀戸。
僕は東向島。
近所です。
どこからかかての番号を聞き、電話して、一緒に遊び、意気投合します。
亀戸のGIGAで夜な夜な遊んで飯は嵐山。
こんなコンボが続くようになります。

かつての掲示板の言動や普段の行動でもわかるように
基本的に楽しいこと大好き
でも曲がったことは大嫌い
と、非常に男気のある人でした。
まあ、自分の信念に基づいて行動するので
たまには暴走したりもするのですが、
自分の過ちを素直に認め、謝る勇気、潔さも持っていました。

いろいろなすれ違いや誤解、ここではあまり触れませんが
僕らの前から忽然と姿を消してしまいました。
いつかまた麻雀を打てる日が来るものと信じたいと思っております。
東京人物伝 | comments(0) | trackbacks(0)

その1 ローリングサンダー&中野。&いかぞー

※内容は何回も更新・変更される場合があります。

東京に引っ越すと決めてPSSP Finalに出てとりあえず名前売っといて
その後に仲良くしてくれたのがウラタことローリングサンダー&中野。でした。
(面倒なのでウラタで呼称を統一)

引っ越す直前の2月頭。
出張がえりに中野。に電話すると、池袋にいるとのことなので、
池袋に顔を出してみる。

で、近くのケンタで集会。
中野。・ウラタ・いかぞー・俺

【中野。の印象】
うわー、ビデオで見た感じどおりのおもろいにーちゃんやなー。
【ウラタの印象】
ビデオで見るより個性が立っているなー
【いかぞーの印象】
でけぇなー

んー、今思うといかぞーがかなり早い段階で知り合いになっていたわけで。
会話の内容はとくには覚えていません。
中野。もウラタも独特の価値観、話術を持っていて、
基本的に自己主張をしない自分には
「うわぁ、東京っておっかねぇだぁ」
という認識をインプリントされた記憶があります。

こうして東向島に引っ越してきた僕は
ウラタを中心とした人間関係が中心となっていくのであります。
東京人物伝 | comments(0) | trackbacks(0)

東京人物伝 プロローグ

僕が東京へ舞い戻って4年と数ヶ月。実にたくさんの人間と知り合いになりました。
日本全国どこへ行ってもきっと宿泊先には困らないだろう。
そんな人脈が広がったと自負しております。

そこで、某所でひっそりと連載され続けてきた東北人物伝。
たった2年間の活動であれだけの連載が出来たのですから、
残り1ヶ月の間にどう考えても、連載が終了することは考えられないのですが、
気の向く限り書き続けていこうと思っています。

※東北人物伝はいったん終了し、現在一般公開が出来るものへと再編集をする方向で考えております。
東京人物伝 | comments(0) | trackbacks(0)